投稿

続・規模は小さくてもいいから、自分の居場所が2〜3カ所あると良い

イメージ
趣味がある喜び 前回の記事 で「人の居場所」について、思うところをアレコレと書いた。今日はその続編。私の周りにいらっしゃる太極拳愛好者の方々のケースについても少し触れてみたい。 私は普段、主に中高年以上、高齢の方々に、太極拳の動きを健康法として利用するべく指導させていただきながら、日々感じていることがある。それは、ある程度の年齢に達したとき、「趣味がどんなに大切なものか」を痛感するということ。 もちろん「無趣味」という主義を貫く人がいてもいい。無趣味でいること自体は、その人の自由であり何ら問題ない。要は、趣味の有無に関わらず、その人が「心身ともに心地よく生きられるか」が重要だと思う。 太極拳教室に来てくださる高齢の方々の価値感はいろいろで、上達を大して求めない、上手くなることにさほど興味がない人もいらっしゃる。でもとにかく、その人が「その日の稽古で気持ちよく体を動かし、楽しめた」ならそれでいい。 それがその人の取り組み方であり、その人が「自分の生活の中で太極拳をどう位置付けるか。どう利用するか。」は、その人の感覚の赴くままでいい。 仕事の面で隠居した高齢者の方や、子育て、介護等、一通りの人生経験を積んできた方々にとって、老後の生活のひとこまに、仲間と一緒の太極拳教室がある。それで良い。 私自身は、太極拳を続けてみて、人生で得られたものが多い。知識、技術、出会い、好きなことに夢中になって打ち込む貴さ。これからも、もっともっと知識を得たいし、実力が足りない分、技術を向上させたいと思う。 しかしこれは、あくまでも私の太極拳への思い、取り組み方であり、決して他人に強要はできない。私にできる事があるとすれば、習いに来て下さる皆様へ、太極拳の心地良さ、動き方についてシッカリとお伝えすること。 人にはいろんな事情、生活スタイル、考え方がある 私の太極拳仲間の方で、もうすぐ 80 歳になられる人がいらっしゃる。その方は、障碍者の方々へ朗読をするボランティアを長年続けてこられた。そのボランティアについて語るとき、その人はイキイキしている。長年の朗読の成果なのか、話し声は朗々としている。最近は、もっと若い世代の人に朗読をしてもらっているとの事で、ご本人は、主に書物の選定、内容のチェックなどをしていらっしゃるそうだ。 別の 70 代半ばの方は、配偶者が少し鬱っぽくなっていらっしゃるという

規模は小さくてもいいから、自分の居場所が2〜3カ所あると良い

イメージ
気をそらすことは、逃げではない 人間は、いろんな方面で上手く心身のバランスを取りながら生きている。中国由来の健康法や太極拳も陰陽のバランスを意識し、心身の調和を取りつつ動いていく。太極拳にも、人生にも、日々の生活にも、バランスが大切だと思う。 人には、それぞれの居場所がある。人によって、それが勤めている会社だったり、学校だったり、家庭だったり、地域のボランティア組織だったり、と様々である。 どんなに居心地が良い組織に身を置いたとしても、長く身を置いていると少しほころびが出てきたり、「この部分はちょっと納得できない」という面が出てくる。全体的には納得していても、細かいことで疑問が出てくることもある。 そんな時、2つ、3つの居場所がある人は、上手くバランスを取りながら、それぞれの場所に身を置くことを継続していける。1つの場所に身を置いたとき、もう一方の場所の良さが見えてくることもある。当然、逆もある。 もし自分の居場所が、わずか1カ所しか無かったらどうだろう。1つの居場所しかなければ、良くない出来事が起こったときの逃げ場がない。比較対象もないから、1つの場所で不満が出たとき、嫌な部分だけが心の中でクローズアップされがちになる。悪い部分ばかり気になりだすとストレスが倍増し、他人に不満をぶつけたりして攻撃的になってしまう。 自分1人だけの問題ならば、自分で勝手に道理を変えればいい。でも他人と共存する組織内では、自分に都合の良いことばかりではない。他人や組織は容易に変えられないことも多い。 大きなストレスを溜め込み過ぎたまま立ち止まると、心の整理が上手くできない。そんなときは思い詰めずに一度、気をそらし、気晴らしする方が良い。可能ならば、その組織と、中にいる人達とは距離を置き、一定期間、別のグループでの活動をメインにしてみるのもいい。 心の整理ができたら、また最初の問題点に戻ってしっかり向き合えばいい。これは逃げでも何でもない。一見、遠回りに感じるけれど、実はスムーズに問題を解決に向かわせる手段となる。 会社の特定の部署などで、同僚と、あるいは上司と部下が口論になる場合、大抵は、真面目な者同士、業務について深く考えるあまり煮詰まった状態になり、「相手の考えを手っ取り早く変えてしまいたい!」、「ワタシの方が正しいのだ!」という強い憤りと焦りから口論になってしまう。 感情論に走る

「相手に従う」=「負け」ではない

イメージ
強いチカラに無駄に反発しない もし、ものすごく図体が大きい強い人が、上から自分を押さえ付けてきたらどうするのか。 自分が「潰されまい!」と思って、必死に上方向へ相手を押し上げようとしても、相手の力が強ければビクともしない。そして自分はアッサリ崩されるだろう。 焦って必死になって抵抗しても、自分が体力を消耗してしまうだけで徒労に終わる。無駄な抵抗を続けたり、相手をみやみに煽ったりすると、相手の攻撃性は増すばかりなので、かえって逆効果になる。 だったらどうすればいいのか。 縦方向で上から押さえつけられたら、まずは相手に従い、沈んでからかわす。 縦方向から来た力を、横方向へかわす。 太極拳には、【相手に従う】という大切な哲学がある。 捨己従人・・・己を捨てて相手に従う 自分が必死に抵抗しても、相手が剛力だったら簡単に押しつぶされそうになる。 上から押さえつけられたら、抵抗して相手を上へ跳ね上げるのではなく、相手が押してくる力に「従う」。 真上から押さえつけられたら緩め沈む。脚の関節を緩めながら、相手の力がこちらに向かってくるベクトルに沿って、自分の身を低くしていく。低くするとき、頭と体を傾けてナナメになったら自分が倒れてしまうので、できるだけ体を立て、真下の地面へと吸い込まれるように沈む。 自分の身が沈むと、上から押していた相手の力は、自分の沈み込みに伴って弱くなっていく。弱くなったタイミングで、間を持たせずに自分の目線から胸まわりを床と水平に捻り、軸を回転させ相手をかわしてみる。つまり横方向へ相手の力をそらす。 柔軟な体のまま重心を真下に向ければ、自分は安定していられる。相手との接点は強く握り返さず、張り付かせるようにして相手を緩やかにかわす。 逆に、横方向から押されたら、少しばかり横に受けて吸収しながら、フェイントして上方向か下方向へ、相手の力をそらすように仕向けたい。 もし自分が、手っ取り早く相手をあしらおうとして、焦って跳ね除け、ジタバタ抵抗すると、かえって失敗する。それよりも、まるで相手に寄り添うように同じ方向へ進んだ方が、相手の怪力は弱まる。そして、相手の一瞬の怯みを逃さないようにしたい。 そうすれば、最初に強く、強く、押されても、上手く流れを自分有利に転換できるかもしれない。 人間関係も押しまくるだけでは上手くいかない このような太極拳における相手との駆け引

◆◆ このページ内に留まったままAmazonの商品が検索できます ◆◆

★★ オススメ ★★